社会保険の適用範囲拡大への対応

2022年10月1日より社会保険の適用範囲が拡大されます。対象企業では保険料負担の増加やパート従業員からの契約労働時間の引き下げ要求など、対応が迫られます。その対応例と進め方を見ていきます。

記事を見る

仕事への集中力は金魚以下?

マイクロソフト社のレポートによれば、人が「連続して集中できる時間」は、2000年では12秒でしたが、2015年にはとうとう「8秒」になってしまったそうです。さらに面白いことに金魚の集中できる時間は「9秒」続くらしいので、人間の集中力はついに「金魚以下」になってしまったと報告されています。これは具体的にどのようなことをいっているのか…!

記事を見る

特別加入制度「建設業の一人親方等」について

特別加入制度とは、本来労働者の業務上または通勤による災害に対して保険業務を行う労災保険を、その業務の実情、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の人に特別に任意加入を認めている制度です。

記事を見る


2022年4月から始まる改正育児介護休業法で何が変わるのか?

2021年(令和3年)6月9日に育児介護休業法の法改正が行われ、2022年(令和4年)4月1日より3段階で施行されます。育児介護休業法は2009年(平成21年)の法改正以降3度の改正を経験しており、少子高齢化や働き方の多様化など社会情勢の影響を大きく受けています。

記事を見る

改正育児介護休業法で変わる育児休業給付と社会保険料免除

2022年(令和4年)10月の改正育児介護休業法の施行では、「産後パパ育休(出生時育児休業)の創設」と「育児休業の分割取得」が始まります。これに伴いまして、雇用保険の育児休業給付と育児休業期間中の社会保険免除について変更点があります。今回は、これらの変更点について解説いたします。

記事を見る


テレワーク継続・導入のポイント (就業規則編)

テレワークルールを決めることで、従来の労働条件に変更が生じることが考えられます。テレワークが円滑に実施されるため、また、従業員とのトラブルを防止するため、テレワークルールを就業規則(テレワーク規程)に落とし込む必要があります。

記事を見る

人気記事ランキング

事務所情報

タグ

アーカイブ