経営理念

経営理念


中小企業に働く人々の役に立ち、
広く社会の進歩に寄与したい。

その為の熱意に燃え、

事務所業務の可能性に挑戦していく、
そんな職員の集まる事務所をつくりたい。

(昭和52年4月1日)

中小企業に働く人々の役に立ち、広く社会の進歩に寄与したい。
その為の熱意に燃え、事務所業務の可能性に挑戦していく、
そんな職員の集まる事務所をつくりたい。(昭和52年4月1日)

事務所創業50年(2027.4.1)を目指した基本方針


1.提供サービス(商品)の標準化と商品力の強化、商品開発を推進する。

2.業界の環境変化に対応した職員の専門能力や顧客支援力を強化する。


3.顧客事業所の組織的な支援体制と、事務所経営の組織化を強化する。


4.手続き・給与計算業務など、定型業務のIT化・自動化を推進する。


5.顧客の機密情報・個人情報を守り切れる仕組みと、能力を強化する。


6.売上げ5億を目指し、職員全ての取組みで集客委託導線を強化する。


7.理念・方針を共有し、自ら一歩前に出る職員による事務所をつくる。

(令和4年4月1日)

下期の計画・課題(2022/5/21〜2022/11/20)


1.提供サービス(商品)の標準化と商品力の強化、商品開発を推進する。

計画/課題
①労務顧問を人事制度や労務監査など職場改善サービスと連携 ②給与手順書の活用徹底
③知恵と力を集め、ハラスメント防止に続く新商品を開発 ④船井総研の支援で商品力を強化

2.業界の環境変化に対応した職員の専門能力や顧客支援力を強化する。

計画/課題
①人事制度の構築運用支援、労務監査などの担当力を習得(P3以上) ②得意・専門分野でセミナー講師を担当
③セミナーをブログに繋げる。 ④「顧客支援の心得」改定

3.顧客事業所の組織的な支援体制と、事務所経営の組織化を強化する。

計画/課題
①事務所の経営体制を強化 ②グループ経営を強化
③共同支援(複数担当制)を強化 ④課題別3分野を重点化
⑤助手チームの編成 ⑥職員の意識改革 ⑦経営マニュアルの改定  

4.手続き・給与計算業務など、定型業務のIT化・自動化を推進する。

計画/課題
①定型業務(手続き/給与など)70%程度を役割区分(P1~2)で担当可能に ②導入済みデジタルツール活用状況の改善
③RPA、AI-OCRの導入など自動化の可能性を検討

5.顧客の機密情報・個人情報を守り切れる仕組みと、能力を強化する。

計画/課題
①セキュリティー重点リスクの点検、対策 ②Pマークの更新を達成
③在宅勤務を停止し、総括 ④入退室管理システム(UCカードキー)使用を回復 ⑤職員教育を徹底

6.売上げ5億を目指し、職員全ての取組みで集客委託導線を強化する。

計画/課題
①新HPをUP(6/1)し、継続コンサルを委託 ②業務案内の改定
③特別会員1000の具体化 ④委託導線(ベンダー、関与先など)の強化
⑤相談会の強化 ⑥報酬基準の改定

7.理念・方針を共有し、自ら一歩前に出る職員による事務所をつくる。

計画/課題
①下期の個人目標・計画を設定 ②理念・方針の徹底
③職場の一体感を強化 ④週休3日制を段階的に実施
⑤”さかみち”発行を再検討 ⑥志の高い職員を新規採用

顧客支援の心得


  1. 事業所関係者の心を深く聴くことと、業務に関係する専門知識、及び実務処理に熟達する。一つ一つの実務をその為の絶好の機会にしていく。
  2. こびた態度や官僚的な態度から信頼は生まれない。こびず、さりとて尊大にもならず、いつも謙虚で、かつ堂々としている。そんな業務態度に熟達する。
  3. 大局を見失うことなく原則的かつ柔軟に対応し、関係行政機関等のいかなる調査にもありのままで対応できる顧客支援に熟達する。
  4. 関係法令に逸脱する事例は引き受けない。やむなき事情で逸脱事例を抱え込んでいる事業所には、理を立て粘り強く説得し、原則を確実に回復していく。 
  5. 力の限り誠意と知恵を尽くすも、関係法令からの逸脱を当然とするなど甚だしく社会常識に欠落する事業所の委託継続は行わない。    
  6. 事業所や関係行政機関等をめぐる情報及び担当業務の重要事項は過不足無く、的確なタイミングで、上司など相応しい関係者に確実に報告する。
  7. 継続的に高い顧客支援の実現を目指し、複数担当制(共同支援)やグループ制など、組織的な顧客支援体制の充実・強化を推進する。

令和4年5月21日改定