あっせん代理人

あっせん代理人とは

 解雇、雇止め、配置転換・出向・昇格、労働条件の不利益変更、残業代の不払い、セクハラなど、個々の労働者と事業主との間の紛争(個別労働紛争)が増加しています。
これらの紛争の最終解決手段としては裁判制度がありますが、それには多くの時間と費用がかかります。そこで、これら個別労働契約に関する紛争の迅速な解決を目的として、個別労働関係紛争解決促進法が施行されました。
あっせん代理人とは、この法律に基づいて都道府県労働局(紛争調整委員会)等が行う「あっせん」における代理人をさします。

あっせん代理人は特定社会保険労務士です

社会保険労務士は日常的に企業の労務管理を仕事としています。
そのなかで様々な労働トラブルに日常的に直面し、解決に導いています。あっせん代理人には、現場を熟知している社会保険労務士が最適です。
現場を踏まえ、過去の労働判例を参考にして、 最適な解決を目指します。
  労働局 労働委員会
(東京・兵庫・福岡を除く)
一部の都道府県
  紛争調整委員会 雇用均等室 労働相談情報センター等
手続名 個別労使紛争あっせん手続 雇用均等法に基づく調停  あっせん あっせん
対象 個々の労使間の個別労使紛争 性差別、婚姻・妊娠・出産等を理由とする不利益取り扱い
及びセクハラに関する労使間の個別紛争
個々の労使間の個別労使紛争 個々の労使間の個別労使紛争
手続主体 紛争調整委員 機会均等調停会議 あっせん委員 センター職員
(東京都の場合)
公開の有無 非公開 非公開 非公開 非公開

 

あっせんのメリット

  • 裁判手続より迅速に結論が出ます。
  • 柔軟な解決が可能で、双方の面目を保った解決が可能です。
  • あっせん制度を利用する費用は無料です。(代理人の報酬は別途必要)
  • 手続が裁判より簡素化されています。
  • あっせんの場は、裁判とは異なり非公開で、プライバシーが保護されています。
  • あっせん案に合意すれば、民法上の和解契約の効力を持ち、履行の確実性が増加します。
  • 裁判のように「対決」ではなく、弁護士、大学教授等、労働問題の専門家(紛争調整委員等)が間に入った話し合いによる「和解」です。

あっせん代理人の業務

個別労働紛争のあっせんを当事務所(特定社会保険労務士)が代理した場合は、次の業務を行います。

(1)書類等の作成事務手続きの代理
①個別労働紛争解決促進法に基づく「あっせん申請書」の作成及び労働局等から提出を求められた書類の作成
②「あっせん申請書」等の提出

(2)主張・陳述の代理
①「あっせん申請書」提出後、あっせんの場で主張、陳述、相手方との和解交渉

(3)あっせん案の選択、受託の代理
①あっせん案等解決の方向性があっせん委員より提示された場合は、その妥当性の選択
②解決合意したとき(和解合意書の署名、押印は会社)

あっせん手続きの流れ(紛争調整委員会の場合)

(注1)必要に応じて申請者から事情聴取等を行い、紛争に係わる事実関係を明確にした上で都道府県労働局長が紛争調整委員会にあっせんを委任するか否かを決定します。

(注2)あっせん開始の通知を受けた被申請人が、あっせんの手続に参加する意思がない旨を表明したときは、あっせんを実施せず、打ち切ることになります。

お問い合わせ

人事・労務管理に関するご相談はお気軽に!