社外相談室

「ハラスメント相談窓口」

相談窓口は、社労士事務所が安心です

当方の相談窓口は、労働法令や企業の職場に精通している社会保険労務士が相談をお受けします。
ご相談者様からご相談をお受けすることはもとより、貴社の問題解決に役立つ情報提供までご支援致します。
日本の職場環境は、大きく変化しました。
男性・女性・外国人、正社員・パート・派遣・契約社員など、ひとつの職場でも実に様々な雇用形態の人が働いています。
こうした雇用形態の異なる人々が多く働く職場では、お互いの理解やコミュニケーションの不足などから、様々なハラスメント問題が多く発生しています。

職場で起こるハラスメント

  • 上司から部下(上位者から下位者)へのパワーハラスメント
  • 部下から上司(下位者から上位者)へのパワーハラスメント(逆パワハラ)
  • 正社員から派遣社員、パート・アルバイト(正規雇用者から非正規雇用者)などへのパワーハラスメント
  • セクシュアルハラスメント(全ての性が対象 含LGBD)
  • 妊娠・出産・育児等を理由とする嫌がらせや不利益取扱い(介護を含む)
  • お客様や取引先からのセクシュアルハラスメント・パワーハラスメント など

企業には、職場で働く全ての人に「ハラスメントのない働きやすい職場環境の提供」が求められています。
労働法令に精通した社会保険労務士は、企業の立場や労働者の目線で相談窓口対応をいたします。

相談窓口を社労士へ委託する

会社のメリット

  • 社内の相談窓口担当者の負担が軽くなる
  • 労働法令の専門家に委託するので安心できる
  • 毎月報告書で報告されるので、ハラスメントの状況が一目で分かる

相談者のメリット

  • プライバシーが守られる
  • 専門家が対応してくれるので、セカンドハラスメントの心配がない
  • 労働法令の専門家が対応するので仕事を続けるうえで安心して相談できる

内容

  • 相談対象者
    契約企業の従業員(パート、派遣社員なども含む)

  • 相談員
    社会保険労務士と産業カウンセラーの有資格者

  • 相談方法
    E-メール、郵送(会社ごとにメールアドレスを設定)
    ※必要に応じて対面でのご相談にも応じます(別途費用)
    ※問題が発生した場合、解決策をご提案します(別途費用)

詳細はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

人事・労務管理に関するご相談はお気軽に!